フカヨ堂  フカキヨ RESORT
     フカキヨ オフィシャルホームページ       
魂からのメッセージ それが〝YOU芽〟  
2019/12/23

1番の答えは一番近くにある

子育ての相談を受けました。
 
その相談が、
実は、先日の教育講演会でも
受けたものと同じだったので
驚きました。
 
その相談とは…
 
「子育てをしていて、
すぐに子どもを怒ってしまい、
嫌になります。
どうしたらいいですか?」
 
 
あなたなら、
なんと答えますか?
 
 
10秒ゆっくり数えてから話しかけてみて下さい。
 
ストレス発散に出かけてはどうですか。
 
みんな、怒ってきたからわかる〜!
 
その子のいいところを見つけて……
 
 
いろんな、アドバイス、共感、理解…
あると思うんです。
 
 
僕は、この質問を受けた時、
本人がもうすでに
答えを口にしてる!って
気づいたのです。
 
 
すぐに子どもを怒ってしまい
嫌になります。
 
と言っていたのです。
 
だから、
 
「怒るのをやめたら、
諦めたらいいですよね。」
 
って言いました(笑)
 
 
そしたら、
どちらの方も
ひどく驚かれていました。
 
そっかぁ…って…(笑)
 
 
人って
自分の悩みや問題を解決する時に
「一番の答え」を除いて
アドバイスを求めたり
質問してくること多いんです。
 
 
そうやって、
「怒るのをやめる」っていう
一番の答えを横にどけて
 
 
何か、いい方法ないかなぁ…って
悩むんです。
だから、その一番の答えには
気づかずに、質問するんです。
 
 
これは、
子育てに限ったことでは
ありません。
 
 
一番の答えはフタをして
質問をされることがよくあります。
 
 
すごく、〇〇をやりたいんですが、
家をあけられないし、
お金のこともあるし、
けど、やっぱり
一度きりの人生だからっておもうんです。
どうしたら、いいでしょうか…。
 
 
これも、
もう答えは言ってますよね。
 
 
よく、複雑に
すごーく丁寧に出来事や
置かれてる状況まで話して
伝えてくれる人いるんです。
 
ですが、
 
ずーっと聞いてると
実は
いたってシンプルな悩みを
複雑にして、
一人で行方不明になっているのです。
 
 
自ら遭難届けを出して
さらに、一人で捜索に出て、
行方不明になったとでも
言えるかもしれません。
 
 
すごく〇〇をやりたいって
本人が口にしてるんです。
 
 
それが答えなのに、
そのやることは横にどけて
どうしたらいいですか?って
聞いてきてるんです。
 
 
だから、
〇〇をやったらいい!
 
って言ったら、
 
だって、そんなんしたら
嫁がそんなんしてって言われるし、
親戚もそういうのうるさくて…
 
 
って、
好かれたい
いい嫁って言われたい!
 
 
みたいな、本当に
叶えたいことが出てきました。
 
 
つまり、その方は、
 
嫌われてるって思ってるし、
ダメな嫁だと思われてると
信じてるんです。
 
 
みんなそうやって
「素晴らしいワタシ」を
勝手に
ダメなワタシに下げているから
どんどんおかしくなってしまうんです。
 
 
夢ややりたいことを
実現するときの必要なのは
「ワタシは素晴らしい」と
信じていることなのです。
 
 
ところが、
いろいろ複雑に
巧妙にわからない形にして
 
「素晴らしいワタシ」ではない…
 
と、していくんです。
無意識レベルで
自分に染み込ませていきます。
 
 
だから、
ワタシに大好きなことを
どんどんやらせてあげることは
大切です。
 
 
そうしてあげることが、
「素晴らしいワタシ」であるということを
自分に染み込ませて行くことになるのです。
 
 
一番の答えを
横にどけておいて
 
こうだから、できない
こんな条件があるから無理だ
と、
 
できないことに
どんどんしていくんです。
 
そのためには
一番の答えを横に
どけなくては
いけない…
 
で、
その一番の答えを
横にどけるのは、
 
「素晴らしいワタシ」って
思ってもらうためにしてることであり、
 
 
思ってもらおうとしてるということは
「素晴らしいワタシ」ではない
と、思ってるからしてるんです。
 
 
「車を走らせたいんですが、
走らないんです。」
 
アクセル踏むといいよ〜
と言うと
 
「アクセル踏むんですが、
すすまないんです!」
 
といいながら、
ブレーキを全力で踏みしめてる…笑
 
だから、
その、ブレーキを
放すと、進むよ!って言うと、
 
いやいや、
これを放したら危ないので無理です!
 
こう言ってるんです。
 
 
ブレーキを踏みしめ、
進まないんですけど
どうしたらいいですか?
 
背伸びし続けて、
足が攣りそうです…
と言ってる人に
 
かかとをつけたら?と言うと、
 
いやいや、そんなことしたら
今まで背伸びの姿しか見てない人は
びっくりします!!って言うんです。
 
 
みんな、
そんな風にし続けてるんです。
 
負のスパイラルから抜け出せなかったり、
同じことを何度も繰り返して
前に進まなかったりするのは
そのためです。
 
ルーティーンから脱出するんです。
 
そのために
練習が必要なんです。
 
難しくないんだけど
一人だと、どうしても
横にどけてるその答えが
わからなくなってるんです。
 


だから、
僕はこのプロジェクトで
 
みーんなが
ルーティーンから脱出して、
 
年のはじめだけ、やる気になって
できずに終わり、また、、来年こそ!
 
と、なることと
お別れして、
「素晴らしいワタシ」を
じわじわ感じて、
出会ってほしいって思ってます。
 
 
たくさんの方が
そんな一歩を踏み出すために
参加してくれてきてます!
 
嬉しいです!
 
ひょっとして、
「参加する」という
一番の答えを横にどけてません?(笑)
 
 
参加はこちらからどうぞ