2018/8/24

世界地図より大きな夢の地図

懐かしい投稿が上がってきた
二年前の教員の研修…
あることを思い出した
 
 
ある研修プログラムの中でのことだ
 
「◯年以内に叶えたい夢」を
ある形にのっとって
語り合うというものだった
 
教員であるみんなは…
 
富士山に自分の息子と登る!
ベトナムから電車でホーチミンに行く!
など…
 
◯◯へ行く系、◯◯をやってみる系が
たくさん出てきた
 
これをお読みの皆さんはなにを語るだろう?
 
 
考えてみた?
 
考えた?
 
ほんとに?
 
 
しつこいと怒られそうだ…(笑)
 
で、私はというと、
 
3年以内に本を出版する!
 と熱く理由なんかも語った。
 
すると、
すっげーデカイ!とか、
私の夢は恥ずかしい〜とか
次々に言われた。
 
別に夢に大小があるわけではないから
全くどんな夢でもオッケーだ
大小のことは気にする必要もない
 
しかし、
よく考えたら先生とは
みんな先生になるって夢を
叶えた人ばかりだ。
 
だから、
なった先の夢を
描くことが少ないのかもしれない
 
だから、
行きたい、やりたい系の夢に行き着きやすく、
夢をさらに大きくしたり、
叶えた先の夢は見なかったり、
なんだかそこで止まっている人が多い。
 
私の本を出版する理由にも
えらく感動してくださったようだ。
 
 
お母さんになった人にもこの傾向が出やすい。
 
 
 自分の夢よりも、
子どもが高校に行って、◯◯して、結婚して…って、
 
自分の未来の設計図には
子どもの未来の設計図が乗っかり
ついつい全く自分の設計図が見えなくなってしまうからだ
 
 
どうだろう?
 
 
みんなが思い浮かべた
先ほどの夢はどうだっただろう?
 
 
就きたい職業で終わってないか?
 夢が叶ったら、そこで止まってないか?
 
 
どんどん広がっていっていい、
どんどん変わっていってもいい。
 
毎日を楽しく生きていれば、
全く思いもよらない道が見えてきたり、
 
夢にも思わないことに出会ったり
それこそ突然やってきたり…
 
想像を超える風景が広がってくる
 
そんな歩みをず〜っと続ける大人で、
ず〜っといたいものだ!
 
そしたら、
あれもこれも、
も〜ぉ〜いっぱい楽しみな
夢の世界地図できあがりそうだ!
 
その世界は、
きっとこの世界より
どんな世界地図よりでっかい!
 
そんな、夢の続きに
今日も出かけよう!
 
 
みんなで、声高らかに!
「いってきまーす!」と言って!